So-net無料ブログ作成

ホラー映画大好き!『荒木飛呂彦の奇妙な映画論』(*´∀`*)♪ [読書]

読んだ本は、これからどんどん記事にして行こうと思います[本]
観た映画についても最近書けなかったので、それも近々[るんるん]

今回紹介する本はこれ[手(パー)]最近読んだ・・・と言っても、半年以上前に読んだものですが[もうやだ~(悲しい顔)]なかなか書けなくて・・・・


『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』
荒木飛呂彦 著 ・ 集英社刊 ・ 税込798円

51ib-Qcy3sL__SS400_.jpg


【作品内容】
荒木飛呂彦がこよなく愛するホラー作品の数々は、『ジョジョの
奇妙な冒険』をはじめ、自身が描いた漫画作品へも大きな影響
を与えている。
本書では、自身の創作との関係も交えながら、時には作家、そし
て時には絵描きの視点から作品を分析し、独自のホラー映画論
を展開する。
巻頭には「荒木飛呂彦が選ぶホラー映画Best20」も収録。
ホラー映画には一家言ある著者の、一九七〇年代以降のモダン
ホラー映画を題材とした偏愛的映画論。


これは荒木先生が好きなホラー映画ファンは、とても楽しめる内容
だと思います[わーい(嬉しい顔)][ハートたち(複数ハート)]
荒木先生はとっても個性的な作品を描く方なので、ホラー映画の
チョイスも、さぞかしマニアックなのでは・・・と思っていたのですが、
私としては、バランスの良い本に仕上がっているような感じで、と
ても嬉しかったです[黒ハート]
モダン・ホラーの帝王・スティーブン・キングは勿論のこと、誰もが
認める名作中の名作、『エイリアン』も取りあげています。
やっぱ好きだわ~・・・荒木先生・・・[るんるん]
波紋の使い手ですか?ってくらい若々しくていらっしゃるし。
今年の6月で53歳ですか!どうみたって外見は30代前半です!
飛呂彦・万歳(話しソレてるぞ~[猫]

この『荒木飛呂彦の奇妙な映画論』で取り上げられている作品
は、私が大好きなホラー作品も多数取りあげられていますが、
『プレシャス』とかはノーマークでした。
これは是非観たいですね[パンチ]近々レンタルしようと計画中。
『エレファントマン』に潜む怖さのことにも触れていて、とても共感
しました。これ怖いですもん。
主人公のエレファントマンが怖いのでは無いんです。
尊厳を徐々に取り戻し、見世物にされたくないと思っている人間を、
嫌が応にも見世物扱いする人間が怖かったです。
心は健常者と何の違いもないのに、外見が酷い奇形だというだけ
で、その人間性すら否定する。
そういった人間の残酷な悪意に満ちた無神経さが、ひたすら悲しく
て怖かったです。
彼のような身の上なら、しょうがないと言うのでしょうか・・・
自分が納得して職業として『見せ物になること』を選んでいる方々
とは違うんです。
心が悲鳴を上げるくらい嫌なのに、強要されることの恐怖。
抜け出せない恐怖。
下手したら死ぬまで付いてまわる苦痛です。
10代の頃に見た作品ですが、本当に怖くて悲しい作品でした。

【荒木飛呂彦が選ぶホラー映画 Best 20】も良かった[るんるん]
15位に『愛がこわれるとき』が入っていて感動!
これも凄く怖かったですからね。
ジュリア・ロバーツがDV夫から逃げるために、綿密な計画を練る
妻役を好演していました。
DV夫の呪縛から解き放たれたと思いきや、缶詰や、タオルが
整然としているあのシーン!
例の曲まで流れ出して!
嫌ああああ!![もうやだ~(悲しい顔)]でした[がく~(落胆した顔)]
とても上手く出来ている作品です。
じりじりと異常者が迫り来る恐怖は絶品![パンチ]
人間がやっぱり怖いのです。
幽霊やゾンビが怖いのは、人間自身が怖いからなのだと、私は
常に思います。

この他にも私の大好きなホラー作品が、多数取りあげられていま
すが、語ると尽きないので割愛[猫]
とても良い評論本だと思います[るんるん]
荒木先生の映画論の本は、最近他にも発行されたようなので、
そちらも読んでみようと思います[わーい(嬉しい顔)]


 最後に、大したことでは無いのですが、お知らせが有ります。
今回の記事からniceとコメント欄を閉じさせて頂きます。
これは少々思うところが有りまして・・・。
多くは語らずにおきますが、自分的に本末転倒だと思う部分が
有りまして・・・・
大変勝手ながら、ご了承くださいませ。
他のブロガーの皆様の記事への訪問も、当分控えさせていただき
たいと思います。
今まで本当に有難うございました[わーい(嬉しい顔)][黒ハート]















コメント(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントの受付は締め切りました